ソラシドエアの飛行機機材の紹介

ゆとりあるリラックスできる空間

ソラシドエアは主翼に取り付けられた大きなウイングレットが特徴のボーイング737-800型機を運行しています。

この機体は燃料効率に優れた地球環境に優しい魅力ある飛行機です。

最大の特徴がシートピッチにあり、大手航空会社のANAやJALのシートピッチが約79cmであるのに対してソラシドエアは平均81cmのゆとりのある広いシートピッチとなっています。

座席間隔があり、足元に余裕があることからテーブルやリクライニングを無理なく使用できるのです。

また機内のインテリアもスタイリッシュなものとなっており、白や青、オレンジなどに変化するLEDライトが機内を照らします。

ソラシドエアの機体はゆとりのあるリラックスできる空間です。

使いやすい機能性に優れた機体

ソラシドエアの機体は手荷物収納スペースが十分に確保されており、機内に持ち込んだキャリーケースをゆとりをもって収納することができます。

先に搭乗した人の荷物でいっぱいになり、収納場所に頭を悩ませる必要がありません。

また、LEDライトの読書灯ボタンやコールボタンは大きなつくりとなっており、暗闇でも操作しやすいのが特徴です。

そしてエアコンの送風口は回すだけで調整できる仕組みとなっているため、暑さや寒さを我慢することもありません。

さらに機内には女性優先お化粧室が備えられており、身支度をするために長い列に並ばなくてすむのです。

ソラシドエアのボーイング737-800型機は使いやすさと機能性に優れた機体となっています。