ソラシドエアの機内持ち込み手荷物と受託手荷物

ソラシドエアは受託荷物は20キロまで無料

LCCは大手航空会社に比べて、機内持ち込み手荷物や受託手荷物の制限が多いことが一時話題になりました。

ソラシドエアはLCCではないので、LCCほど厳しいルールではありませんが、大手航空会社と比べると荷物の機内持ち込み可能の個数や重量に制限があります。

ソラシドエアで機内に持ち込める手荷物は、一人一個まで。

重量は10キロ、三辺の合計が115センチまでとなっています。

手荷物検査機では、サイズを確認するゲージがあるので、ゲージを通ることができない荷物は受託手荷物になります。

ピーチなどのLCCでは受託手荷物は別料金ですが、ソラシドエアでは20キロまでは無料です。

別料金を支払えば、20キロ以上100キロまで預けることができます。

個数制限はありません。

荷物の重量制限がある理由

荷物の重量に制限をかけるのには、ちゃんとした理由があります。

大手航空会社はフルサービスと呼ばれ、いろいろなものが運賃の中にパッケージされています。

一見するとサービスがいいように思われていますが、サービス料を含めて運賃を支払っているのです。

ソラシドエアなどのような新規参入の航空会社は、大手航空会社と比べて運賃が安いことを売りにしています。

安くできるのはフルサービスではないからです。

フルサービスの利用者の中には、荷物の量が多い人と少ない人が同運賃であることに対する不満がありました。

その点に応えています。

もっと切実な点としては、燃料の節約をして運賃を抑えている点があります。

予約人数と手荷物の重量を元に搭載する燃料量を決めているので、過不足のない水準を搭載しているからです。

重量オーバーに厳格なのは、手数料で儲けるためではなく、重量オーバーさせないための予防措置と考えましょう。